経絡経穴概論

【国家試験対策】鍼灸師重要ポイント経絡経穴「五兪穴・五行穴」について徹底解説

おはようございます😁 もぬけです。

 

このサイトは鍼灸師・柔道整復師国試対策の内容をまとめています。
あくまで国家試験対策のまとめですので臨床的なものは含んでいません。

このページのポイント
 
 五兪穴・五行穴についてを学ぶ
 それぞれの主治をしているのかを覚える
 要穴と組み合わせても解けるようにする
 

はじめに確認しておきたいところは「五兪穴」も「五行穴」も同じ意味です。

五兪穴の説明をする前に、五行学説がまだ曖昧という方は先に五行学説の基本を見ていただいたほうがわかりやすいかと思います。

東洋医学の基本「陰陽五行学説」の考え方について
【国家試験対策】東洋医学の基本「陰陽五行学説」の考え方について おはようございます😁 もぬけです。 このサイトは鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師国試対策の内容をまとめています。 ...

力試しに1問解いてみてください

[qwiz style=”width: 90%; padding: 0.2em 0.5em; border-color: #AADDff !important;background: #FFFFFF;box-shadow: 0px 0px 0px 2px #d6ebff; border-style: dashed !important; min-height: 100px !important; ” align=”center” random=”true”][q multiple_choice=”true”]問題:身体のだるさ、関節の痛みに用いる五兪穴は次のうちどれか

[c]5aSq 55m9[Qq]
[c]5aSn6YO9[Qq]
[c]5b6p5rqc[Qq]
[c]5aeU5Lit[Qq]

[x]正解は「太白」です。
このように経穴名だけで出題されると迷いますよね。
関節の痛みと聞くと関節の近くの経穴を選びがちです。なので「委中」はひっかけです。
[/qwiz]

教科書のはじめにちょろっと書いてある五兪穴の説明。
にもかかわらずゴリゴリに国試に出てきます。

経絡にある五兪穴(五行穴)って何?

五兪穴早見表

五兪穴とは上下肢の 肘関節・ひざ関節から抹消にある十二経脈上の経穴のうち五行の性質が付されている経穴をいいます。

経脈ごとに 井・滎・兪・経・合と名前があり、水の流れに例えられています。
またそれぞれ 木・火・土・金・水の五行的性質と考えが合わさっています。

知っていたら当たり前なんですが必ず手と足にしかなく、体の体幹部には存在しません。
それぞれの名前が付いているところに「性質」や「主治」があります。

経絡別の五兪穴一覧

【足の厥陰肝経】
 大敦・行間・太衝・中封・曲泉

【手の少陰心経】
 少衝・少府・神門・霊道・少海

【足の太陰脾経】
 隠白・大都・太白・商丘・陰陵泉

【手の太陰肺経】
 少商・魚際・太淵・経渠・尺沢

【足の少陰腎経】
 湧泉・然谷・太渓・復溜・陰谷

【手の厥陰心包経】
 中衝・労宮・大陵・間使・曲沢

【足の少陽胆経】
 足竅陰・侠渓・足臨泣・陽輔・陽陵泉

【手の太陽小腸経】
 少沢・前谷・後渓・陽谷・小海

【足の陽明胃経】
 厲兌・内庭・陥谷・解渓・足三里

【手の陽明大腸経】
 商陽・二間・三間・陽渓・曲池

【足の太陽膀胱経】
 至陰・足通谷・束骨・崑崙・委中

【手の少陽三焦経】
 関衝・液門・中渚・支溝・天井

井穴(セイケツ)について



井穴の性質:脈気が出るところ
井穴の主治:心下満(シンカマン)

滎穴(エイケツ)について


滎穴の性質:脈気が滴るところ
滎穴の主治:身熱(シンネツ)

兪穴(ユケツ)について


兪穴の性質:脈気が注ぐところ
兪穴の主治:体重節痛(タイジュウセッツウ)

経穴(ケイケツ)について


経穴の性質:脈気が行くところ
経穴の主治:喘咳寒熱(ゼンガイカンネツ)

合穴(ゴウケツ)について


合穴の性質:脈気が行くところ
合穴の主治:逆気而泄(ギャッキジセツ)

五兪穴・五行穴のまとめ

やっぱり経穴の要穴表は大切なんだなと思い知らされるようなところでしたね。

せっかくここも覚えたのに取穴部位がわからずに間違ってしまうのはもったいない。

どんどん問題を解いてすこしずつ覚えていくとサクサク解けるようになります。

note.comでも確認する

オンライン塾のお知らせ


【森元塾】国家試験対策オンライン塾ではラインで答えのやり取りを行いながら、わからないところも聞くことができます。
無料ではとても言えないきわどい覚え方や資料を使って過去問やオリジナル問題を解説しています。