柔道整復学

【柔道整復学】練習問題から学ぶ「骨折時の続発症」についての覚え方徹底解説

おはようございます!
「国家試験対策といえばもぬけ」のもぬけです。

このサイトは鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師の国試対策の内容をまとめています。
このページに関する練習問題は最後の章にありますのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

※情報等が古い場合はコメントください。

このページの内容とポイント
 
 骨折の合併症:続発症
 

柔道整復学では骨折が起きた際に一緒に起こるもの、しばらくしてから起こるもの、骨折が治っても続くものの3つを合併症としています。
国家試験ではとにかくこれら3つを混ぜてどれが後遺症か続発消化みたいな問題が出てくるのでしっかりと覚えていきましょう。

ゴロ合わせが覚えれないゴロ合わせ難民に送る3つのポイント
【国試対策】ゴロ合わせが覚えれないゴロ合わせ難民に送る3つのポイントおはようございます😁「もむけ」です。 このサイトは鍼灸師・柔道整復師国試対策のまとめサイトです。 こんな人にオススメの記...

ゴロ合わせのみで覚えようとすると失敗しますので、必ず一旦は丸暗記をするか理論立てて覚えるようにしていただければと思います。

【○✗二択クイズ】骨折の合併症について

クイズを解いて、現在の認識レベルを確認してみよう。

[qwiz style=”width: 90%; padding: 0.2em; border-color: #AADDff;border-style: dashed; min-height: 100px !important; ” align=”center”][q]
【柔道整復学】 軟部組織損傷は骨折後の続発症である

[c]○
[c*]✗

[x]
答え:✗
[/qwiz]

[qwiz style=”width: 90%; padding: 0.2em; border-color: #AADDff;border-style: dashed; min-height: 100px !important; ” align=”center”][q]
【柔道整復学】 遷延治癒は骨折後の続発症である

[c*]○
[c]✗

[x]
答え:✗
[/qwiz]

[qwiz style=”width: 90%; padding: 0.2em; border-color: #AADDff;border-style: dashed; min-height: 100px !important; ” align=”center”][q]
【柔道整復学】 クラッシュシンドロームは骨折後の続発症である

[c]○
[c*]✗

[x]
答え:✗
[/qwiz]

正解した方も不正解だった方も最後まで読んでしっかりとした知識に変えていきましょう。

骨折の合併症について

骨折と同時あるいは治癒経過中に発生するもので治癒の結果である予後に影響を与えるものを言う。

骨折後の合併症を柔道整復学では併発症・続発症・後遺症の3つに分類して考えます。
国家試験ではどの症状が合併症のどれに該当するかを覚えておくかを覚えておく必要があります。

便宜上、併発症、続発症、後遺症と大別していますが、骨折の発生とその経過における影響は明確には分けれません。

もぬけ
もぬけ
具体的に3日以降に発生したから続発症や!
とかそんなふうには決められてないってことやで

骨折の続発症

骨折治療の経過中に骨折部の影響や治療法の不備などによって発生するものを続発症と定義しています。

骨折の続発症一覧

 外傷性皮下気腫
 脂肪塞栓症候群
 仮骨の軟化及び再骨折
 遷延治癒
 コンパートメント症候群
 長期臥床による続発症

ヒカキン、コンパで千円借りて超死亡
 ヒカキン(皮下気腫)、コンパ(コンパートメント症候群)で千円(遷延治癒)借り(仮骨の軟化及び再骨折)て超(長期臥床)死亡(脂肪塞栓症候群)

外傷性皮下気腫

多くは空気が肺から皮下組織に侵入したものが多く肋骨骨折などで見られます。

皮下気腫の特徴は、損傷側の胸壁に現れびまん性・扁平・柔らかく弾力性があり、握雪音を認めるところです。

脂肪塞栓症候群

骨折時の血液中の脂肪そのものや、骨髄脂肪の小滴が血管内に入り込んだものと考えられてます。

脂肪塞栓の特徴は受傷後1-3日の間に見られ市の転機を取ることがあります。肺塞栓であれば呼吸困難・チアノーゼ、脳塞栓であれば頭痛・意識障害・嘔吐・痙攣、心塞栓:心悸亢進・血圧下降などの症状を呈します。

脂肪塞栓症候群について

 肺塞栓:呼吸困難・チアノーゼ
 脳塞栓:頭痛・意識障害・嘔吐・痙攣
 心塞栓:心悸亢進・血圧下降

脂肪塞栓症候群なので「脂肪」で「死亡」すると覚えてください。

仮骨の軟化・再骨折

骨折後に全身疾患もしくは局所疾患で仮骨が特発的に軟化吸収されてしまい、損傷部に異常可動性が出現してしまうものです。

全身疾患であれば感染症にかかってしまったり、壊血病になっている状態では仮骨の形成がうまく行かないもしくは再度折れてしまうなどが発生します。
局所的には蜂窩織炎・丹毒などの炎症が発生していると発生します。

仮骨の軟化・再骨折の原因

 全身:感染症・壊血病
 局所:蜂窩織炎・丹毒

遷延治癒

骨折治癒に予測されている期間を過ぎても骨癒合がみられないもの

骨折は骨折部位によって目安となる日数があります。
それを過ぎても骨折部位が癒着していなもしくは緩慢である場合を遷延治癒といいます。

そのまま癒合しなかった場合、後遺症である偽関節になります。
遷延治癒の段階ではまだ骨癒合する可能性があります。

コンパートメント症候群

骨折部の区画内の内圧が上昇し循環不全をおこすもの

コンパートメント症候群は結構大切で、整復後に症状が現れたら直ちに処置を施さなければいけません。

具体的には、包帯を強く巻きすぎた、予想以上に腫れが酷く血管や神経組織を圧迫した場合です。コンパートメント症候群に陥ると阻血の症状を訴えます。

阻血の5P

 疼痛
 蒼白
 拍動消失
 感覚異常
 麻痺
➕腫脹・他動的伸長テスト(阻血の6P.7P)

コンパートメント症候群では骨損傷や筋損傷などで組織内圧が上昇し、組織内の循環不全が発生した状態です。

下肢部に多く見られますが前腕・母指球部にも発生します。

下腿では運動の反復(スクワットなどのトレーニング)でも発生します。
運動によって発生したコンパートメント症候群を慢性型といいます。

長期臥床による続発症

下肢の骨折が発生した場合、歩行困難のため長期に渡って寝たままの生活を強いられます。
そのため様々な症状が発生していきます。ただこれは年齢と既往歴との関係がつよいのが特徴です。

長期臥床による後遺症

 沈下性肺炎
 褥瘡
 深部静脈血栓症
 筋萎縮
 尿路感染症
 認知症

長期臥床で深夜2時にきちんとジョグ
長期臥床で深夜(深部静脈血栓症)2時(認知症)に(尿路感染症)き(筋萎縮)ちん(沈下性肺炎)とジョグ(褥瘡)

下肢の深部静脈血栓症については有名なものがあります。

エコノミー症候群について

下肢の深部にある静脈に血栓ができるもので、その血栓が肺の血管に詰まって肺塞栓をきたす危険がある。

飛行機のロングフライトや災害時の車中生活などで、膝を折り曲げた姿勢が長期間続くことで発生するものをエコノミー症候群といいます。

長期臥床でも、長時間足を動かさないので発生します。予防策としては関節の運動を行ったり、弾性ストッキングを着用するなどがあります。

骨折の併発症の練習問題を解いてみる

過去問をベースにした練習問題を解いて、さらに脳に刻み込んでいきましょう。

[qwiz style=”width: 90%; padding: 0.2em; border-color: #AADDff;border-style: dashed; min-height: 100px !important; ” align=”center”][q]
【柔道整復学】骨折の合併症の中でないものは続発症はどれか

[c]外傷性皮下気腫
[c*]偽関節
[c]脂肪塞栓症候群
[c]コンパートメント症候群

[x]
答え:偽関節
偽関節は後遺症です。

簡単でしたね。
このまま国家試験まで覚えておきましょう。

[/qwiz]

 

[qwiz style=”width: 90%; padding: 0.2em; border-color: #AADDff;border-style: dashed; min-height: 100px !important; ” align=”center”][q]
【柔道整復学】長期臥床による症状でないものはどれか

[c]沈下性肺炎
[c]褥瘡
[c*]起立性低血圧
[c]尿路感染症

[x]
答え:起立性低血圧
[/qwiz]

オンライン国家試験対策について

もぬけの国家試験では、週に3回のペースで過去問やオリジナル問題を出題解説しています。

もぬけの国家試験対策オンライン塾ではラインで答えのやり取りを行いながら、わからないところも聞くことができます。

学生にも優しい値段設定で、初月無料です。