生理学

鍼灸師 国家試験対策 生理学 -目次-

1.生理学の基礎

生理学は生物が示す生命現象の貴女を明らかにすることW 目的とした学問である。
第一章でははじめに生命現象の特徴を学び、ついで、体を構成する細胞の構造と働き、細胞内での物質代謝、細胞内外を満たす体液の組成や働きなど、生理学を学ぶうえでの基礎事項をまなぶ

 

生命現象やホメオスタシスの覚え方についてを徹底解説

細胞の覚え方をゴロを交えて徹底解説

2.循環

身体を構成する細胞が必要する栄養や酸素は前肢を循環する血液によって細胞に運ばれる。
また細胞が活動した結果生じた二酸化炭素や老廃物は血液によって組織から除かれる
本章では、最初に血液の組成とその機能を学び、ついで血液の循環を司る心臓と血液の働きを学ぶ、最後にリンパ系について学ぶ。

 

血液の組成の覚え方について徹底解説

3.呼吸

 

4.消化と吸収

 

5.代謝

 

6.体温

 

7.排泄

 

8.内分泌

内分泌系は神経系と同様に生体機能の調節計として働く。内分泌系による生体機能の調節は内分泌腺から分泌されるホルモンによってなされる。神経系が主に迅速な調節を行うのに対して内分泌系は緩慢だが長期に渡るような調節を行う。

 

「視床下部」と「下垂体」ホルモンの働きについて徹底解説

「甲状腺のホルモン」の働きについて徹底解説

「脾臓のホルモン」の働きについて徹底解説

9.生殖・成長と老化

 

10.神経

 

11.筋

 

12.運動

 

13.感覚

 

生体の防御機構

 

15.身体活動の協調