一般臨床論

【臨床】練習問題から学ぶ「関節リウマチ」についての覚え方徹底解説

おはようございます😁 もぬけです。

このサイトは鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師国試対策の内容をまとめています。
このページに関する練習問題は最後の章にありますのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

このページのポイント
 
 関節リウマチ
 

国家試験で取り扱われる関節リウマチを徹底的に解説をしていきます。

ゴロ合わせが覚えれないゴロ合わせ難民に送る3つのポイント
【国試対策】ゴロ合わせが覚えれないゴロ合わせ難民に送る3つのポイントおはようございます😁「もむけ」です。 このサイトは鍼灸師・柔道整復師国試対策のまとめサイトです。 こんな人にオススメの記...

ゴロ合わせのみで覚えようとすると失敗しますので、必ず一旦は丸暗記をするか理論立てて覚えるようにしていただければと思います。

関節リウマチについて

関節を主病変とし、全身の支持組織を多発性に犯す慢性の炎症性疾患である。進行すると関節の破壊と変性が生じる。

リウマチ熱というものもあります。
リウマチ熱と関節リウマチは関係ありません。
例えば、リウマチ熱は関節が変形するとかいう問題は間違いです。

関節リウマチの疫学

好発年齢は20~50代で, 男女比は1:4である。

圧倒的に女性に多いイメージがありますが、比率にすると4倍も違います。

関節リウマチの原因

マイコプラズマやウイルスなどの微生物感染が原因とも考えられるが、真の原因は不明である。

マイコプラズマかと思わせていて、真の原因は不明です。

もぬけ
もぬけ
原因は不明やけど、自己免疫疾患の1つや

膠原病と呼ばれる分類の中に、関節リウマチが入っています
膠原病についても復習をしておきましょう。

膠原病について

関節リウマチを学ぶうえで膠原病を知らずには通れません。

古典的膠原病

 全身性エリテマトーデス
 強皮症
 皮膚筋炎
 関節リウマチ
 リウマチ熱
 結節性多発動脈炎

上記の6つが古典的に定義された膠原病でそれいがにもシェーグレン症候群や成人発症スティル病・ベーチェット病・抗リン脂質抗体症候群なんかも膠原病として考えられています。

しかし、そもそも膠原病って何でしたっけ?

膠原病は結合組織のびまん性変性、特にその細胞外構成成分の異常によって特徴付けられる病理組織学的特徴をもつ疾患群の総称

というように説明されていますので、結合組織がいろいろとなる病気をまとめたグループ名なんだってな感じに覚えておくといいと思います。

もぬけ
もぬけ
AKB48みたいなもんやな(違う)

関節リウマチの症状

関節リウマチに限らず、膠原病はいたるところに様々な症状が現れるのが特徴です。
一見、それは関係ないかもって思うような症状も含まれますのでしっかりと目を通しておいてください。

関節リウマチの症状【関節症状】

 関節の炎症(多発性・対称性)
 朝のこわばり
 関節痛・腫脹
 関節の破壊・変形
 強直

特に覚えておくポイントは朝のこわばりと強直です。

もぬけ
もぬけ
拘縮と強直は違うのは知ってるやんな

関節の拘縮と書いていたら、間違いとは言い切れませんがグレーゾーンだと思っておいてください。

関節リウマチの手指の変形は特別な名前がついているものが多いのでそれも覚えておきましょう。

関節リウマチの変形

 ボタン穴変形
 スワンネック
 オペラグラスハンド変形
 手指尺側偏位

関節リウマチの症状【関節以外】

 皮下結節
 間質性肺炎
 肺線維症
 胸膜炎
 血管炎
 強膜炎
 虹彩毛様体炎
 心膜炎
 心筋炎

強引に覚えようとしても時間の無駄ですので、ポイントだけ押さえておきます。

〇〇炎ってやつは心臓周り多いとだけ覚えておきましょう。
毛様体炎も多分出ないと思います。(出たらごめんなさい。)
皮下結節と間質性肺炎は覚えておくポイントです。

まさか関節リウマチって関節こわばるだけちゃうの?肺炎なるの?っておもった方もいるかも知れません。
そういうところを国家試験では問われやすくなります。

関節リウマチの合併症

先程の症状で心膜炎・心筋炎というような症状が出てきました。
ということは合併症で考えられるのは…心障害とかですよね。

それで終われば理論的に片付けられるんですが、もう少し覚えることがあります。

関節リウマチの合併症

 心障害
 腎障害
 続発性アミロイドーシス
 シェーグレン症候群

4つあるってことは…

もぬけ
もぬけ
自分やったらここに、ベーチェット病とか足すかもな〰

関節リウマチの診断

ここからはそんなに出ないところも多いのでポイントをおさえていってください。

関節リウマチの診断

 リウマトイド因子 陽性
 CRP 陽性
 骨びらん・破壊・強直

もう覚えることいっぱいお腹いっぱいという人は、リウマトイド因子とCRPだけでも覚えておくといいと思います。

教科書には、診断基準として、アメリカリウマチ協会からの提示があります。

アメリカリウマチ協会の診断基準

 朝のこわばりが1時間以上(6週間以上続く)
 3関節領域以上の腫脹(6週間以上続く)
 手首・MPJo・PIPJoの腫脹(6週間以上続く)
 対称性関節腫脹
 X線での変化
 皮下結節
 リウマトイド因子

上記の7項目のうち、4つ以上当てはまれば関節リウマチと診断します。

ということは、リウマトイド因子があれば必ずしも関節リウマチではないというところもポイントですね。

関節リウマチの治療

過労をさけ、十分な栄養と休養をとり全身状態を良くする。

つまり完治はできないということです。

ステロイドなどの免疫抑制薬も投与しますが、関節が戻るわけではないので、悪化していけば、人工関節に置換します。

人工関節にできるところは股関節か膝ぐらいで、手先はできませんので大きく変形しても何もできません…

見た目だけですめばまだマシですが、血管炎などの症状が現れだすと予後は不良です。

【おさらい】関節リウマチの重要ポイント

関節リウマチに関しては説明する部分が多く、ポイントが絞りきれていないと思います。

全部覚えておけるに越したことはないですが、これだけは何が何でも覚えておいてほしいポイントを最後にまとめておきます。

国試まで忘れないでっていうところ

 対称性の関節炎
 朝のこわばり
 皮下結節
 リウマトイド因子
 DIP関節はまれ
 女性に多い

せめてこの6項目は、関節リウマチといえば?と聞かれたら答えれるようにしておいてほしいとこです。

もぬけ
もぬけ
たのむで!

関節リウマチの練習問題を解いてみる

過去問をベースにした練習問題を解いて、さらに脳に刻み込んでいきましょう。

[qwiz style=”width: 90%; padding: 0.2em; border-color: #AADDff;border-style: dashed; min-height: 100px !important; ” align=”center”][q]
【臨床】関節リウマチの症状でないのはどれか

[c]関節の強直
[c*]腹膜炎
[c]朝のこわばり
[c]間質性肺炎

[x]
答え:腹膜炎

簡単でしたね。
このまま国家試験まで覚えておきましょう。

[/qwiz]

 

[qwiz style=”width: 90%; padding: 0.2em; border-color: #AADDff;border-style: dashed; min-height: 100px !important; ” align=”center”][q]
【臨床】関節リウマチの特徴はどれか。

[c*]初期は滑膜から病変する
[c]CKが大きく上昇する
[c]ヘバーデン結節が見られる
[c]関節強直はDIP関節を中心に発生する

[x]
答え:初期は滑膜から病変する

今回の選択肢はどれもありそうですが、正解以外の選択肢はどれも違います。

[/qwiz]

オンライン国家試験対策について

もぬけの国家試験では、週に3回のペースで過去問やオリジナル問題を出題解説しています。

もぬけの国家試験対策オンライン塾ではラインで答えのやり取りを行いながら、わからないところも聞くことができます。

学生にも優しい値段設定で、初月無料です。