病理学

【病理学】練習問題から学ぶ「自覚症状・他覚症状」についての覚え方徹底解説

おはようございます! 「国家試験対策といえばもぬけ」のもぬけです。

このサイトは鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師の国試対策の内容をまとめています。
※情報等が古い場合はコメントください。

このページのポイント
 
 自覚症状について学ぶ
 他覚症状について学ぶ
 

病気によって引き起こされる病的な現象のことを症状と言いますが、症状には自覚症状と他覚症状の2種類あります。

自覚症状というのは病気になった自分自身がわかる症状のこと、他覚症状は他者から見てもわかる症状のことを言います。

ですが、それだけではないので実は注意が必要なんです。

次項から具体例を交えながらご説明をしていきます。

ゴロ合わせが覚えれないゴロ合わせ難民に送る3つのポイント
【国試対策】ゴロ合わせが覚えれないゴロ合わせ難民に送る3つのポイントおはようございます😁「もむけ」です。 このサイトは鍼灸師・柔道整復師国試対策のまとめサイトです。 こんな人にオススメの記...

ゴロ合わせのみで覚えようとすると失敗しますので、必ず一旦は丸暗記をするか理論立てて覚えるようにしていただければと思います。

自覚症状と他覚症状の定義

病気によって引き起こされる病的な現象を症状という。
患者が自分で感知できる異常を自覚症状という。
これに対して、患者は自覚できないが、医者や医療に関係する第3者が検査などによって指摘できる異常を他覚症状という。

 

自覚症状

 患者が自分で感知できる異常

他覚症状

 患者は自覚できない
 医者や医療に関係する第3者が検査などによって指摘できる異常

教科書にはこのように記載がありますが…この限りではありません。

例えば、「発熱」を例にとると熱いな熱を持っているなっていうのは自覚できていますが、他覚症状です。

もっと具体的に言えば、発熱でなんとなく熱っぽいなっていうのは気がついていても今、体が何℃なのかはわからないですよね。

そういう意味で、「他覚症状」といえると思います。

逆に、「頭がいたい」や「かゆい」だけだと相手には伝わらないですよね。検査でもどれぐらい痛いかは測定できません。なのでこれが自覚症状です。

この状態から例えば頭痛の症状では、MRIを取ったときに実際に腫瘍が見つかるなどがあればそこで初めて他覚症状となります。

自覚症状に該当するもの

ここからは具体例をまとめていきます。

自覚症状に該当するもの

 疼痛
 不眠
 掻痒感
 悪心

ここで問題を解いてみましょう。

[qwiz style=”width: 90%; padding: 0.2em; border-color: #AADDff;border-style: dashed; min-height: 100px !important; ” align=”center”][q]
【病理学】問題 自覚症状はどれか。

[c]可動域制限 
[c]発熱 
[c*]流涙 
[c]高血圧 

[x]
答え:流涙

流涙というのは目が潤んで、涙(なみだ)がたまったように感じることのことです。

[/qwiz]

 

タップすると答えが出てきます。
解いていただけましたか?
実際に柔道整復師の問題で「可動域制限」という問題が出題されています。

病理学の教科書の定義で言えば可動域が制限されていることを本人が自覚していないとならないと他覚症状ではありませんが、じつはこれ他覚症状で正解なんです…

可動域制限は自他ともに認識できるやん…

他覚症状に該当する症状

次は他覚症状に当てはまるものをお伝えします。

他覚症状に該当する症状

 発熱
 肝腫大
 高血圧

他にも全然、検査結果でわかるものはすべて他覚症状です。
例えば、健康診断の結果に載っているものはすべてですね。

最初に覚えた定義をもとに考えるとほとんど解けると思いますので割愛しておきます。

他覚症状のポイントは数値化できるかやレントゲン・MRIに映るかなど誰が見てもそうだとわかるものが当てはまります。

オンライン国家試験対策について

もぬけの国家試験では、週に3回のペースで過去問やオリジナル問題を出題解説しています。

もぬけの国家試験対策オンライン塾ではラインで答えのやり取りを行いながら、わからないところを聞くことができます。

学生にも優しい値段設定で、初月無料です。